相続・遺言

相続とは

相続

相続とは、ある人が亡くなった時、亡くなった方の財産(借金も含む)を相続人が引き継ぐことです。相続人は法律で定められており、亡くなった方の配偶者・子の他、親や孫や兄弟、兄弟の子が相続人になることもあります。
まずは、戸籍を集めて誰が相続人になるのかを調査します。遺言がなければ、相続人間での話し合い、又は法律で定められた割合で相続人と相続する財産を決定します。不動産については登記されている所有者の名義の変更を法務局へ申請します。
相続の手続きの流れ
① 遺言書の有無の確認
矢印

② 相続人調査

ご依頼いただければ、相続人調査の為の戸籍収集は当事務所で行います。
矢印
③ 遺産分割協議
矢印
④ 遺産分割協議書の作成
矢印
⑤ 相続登記
料金表
種類 費用(税別)
相続登記(遺産分割協議書の作成を含む) 50,000円~ + 実費(登録免許税、通信費等)

遺言とは

遺言

自分の死後にどのように財産の処分を行うかを定める書面であり、民法の規定に従って作成する必要があります。
家族間の争いを回避したり、法定相続人以外の方に財産を遺したい時に有効です。
公証役場で作成し、原本が保管される公正証書遺言を作成することをお勧めします。
遺言公正証書作成の流れ
① 推定相続人を調査
矢印
② 財産のリストを作成
矢印
③ 不動産がある場合は登記事項証明書と評価を確認
矢印
④ 誰に何を相続させたいのかを整理する
矢印
⑤ 公証役場で打合せ
矢印

⑥ 承認2人立会いのもと、公証役場で遺言公正証書を作成

公証人が出張することも可能です。
料金表
種類 費用(税別)
遺言書作成支援(証人含む) 50,000円 + 実費(公証人の手数料等)

初回相談・お見積りは無料です。お気軽にご相談ください。